制作のポイントと流れ

DVD制作行う上で気をつけるポイント

PCの普及や画像編集ソフトの低価格化・高性能化、ビデオカメラの普及などによりDVD制作の環境は個人にも身近なものになってきています。 技術さえあればプロレベルのDVD制作を行うことも可能になっており動画投稿サイトなどを通じて公開することもできます。 DVD制作において大切なことはできるだけ高画質の素材を使用するということです。カットや複製など様々な編集作業をへてDVD制作を行う訳ですが元となる素材の画質が悪ければ出来上がるDVDの品質も悪いものになってしまします。高画質の映像素材を使って編集作業を行うことによりプロクオリティーのDVDを手軽に制作することができます。特別な機材を揃えるよりも重要なことで多くの専門家も指摘しているポイントです。

DVD制作の新しい流れ

DVD制作は、会社の案内やイベント会場での上映のために、利用されることがほとんどでした。東京近郊の大規模なイベント会場に集まる多くの企業のなかから、自社の製品に少しでも興味をもってもらうには、DVD制作が格好の手段となっていました。 しかし、最近のDVD制作の新しい流れとして、個人があくまでプライベートな目的のために、DVD制作を依頼するケースも増えてきました。 目立って伸びているのは、個人史を作るという目的でDVD制作をする人の数です。今までは大企業の社長や勲章受章者など、一部の成功者だけが自分史を映像作品として制作することが多かったのですが、今ではごく普通の人でも、自分の人生を掘り起こし映像作品として残す人がたくさんいます。